トリニティーラインの成分解析!【安全?副作用はある?】

様々な肌の悩みを解決できると話題のトリニティーラインジェルクリームプレミアム。

そんなトリニティーラインですが、成分の中身や安全性は気になりますよね。

ここでは、トリニティーラインの成分を徹底解析し、注目成分や安全性について深堀してみました。

トリニティーラインの成分解析!

トリニティーラインの成分を解析してみます。

全成分

全成分は次のようになっています。

シラカンバ樹液、BG、グリセリン、スクワラン、水添レシチン、メチルグルセス-10、DPG、ベタイン、セラミド2、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ジメチコン、ヒドロキシプロリン、アセチルヒドロキシプロリン、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、マルチトール、ダイズステロール、PEG-32、イソステアリン酸、バチルアルコール、イソステアリルアルコール、ポリクオタニウム-61、PVP、セリン、グリシン、アラニン、シトルリン、トレオニン、ヒスチジン、アスパラギン酸、バリン、アルギニン、イソロイシン、リシンHCl、ロイシン、グルタミン酸、プロリン、カンゾウ根エキス、オトギリソウエキス、クチナシエキス、ゼニアオイ花エキス、水酸化K、1,2-ヘキサンジオール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、PEG-60水添ヒマシ油、セスキイソステアリン酸ソルビタン、HEDTA-3Na、ポリメタクリル酸メチル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、キサンタンガム

 

美容成分は48種入っています。

 

この中で、注目成分がそれぞれ、どんな機能を持っているかというと、次のような機能を持っています。

 

機能価格
保湿天然型セラミド
モイストセラミド成分
レシチン
4種のヒアルロン酸
マリンコラーゲン
14種のアミノ酸
アミノキャッチ
スクワラン
ハリ・弾力ホチキスポリマーα
ツボクサエキス
クアトロリフト
キメ・つやカンゾウ根エキス
シラカンバ樹液
クチナシエキス
オトギリソウエキス

 

特にセラミド2種、4種類のヒアルロン酸が入っており保湿効果が抜群に高いということが分かります。

また、お肌にハリ・弾力を与えるクアトロリフトやキメ・ツヤを与えるカンゾウ根エキスなどの有名成分が豊富に入っているのも評価できます。

 

ちなみに、美白成分は入っていないので、シミを消す効果はありません。
ここは勘違いしないようにしましょう。

 

効果について詳しく知りたい人は次の記事をご覧ください。
→トリニティーラインの効果が嘘と言われる理由【意外な事実】

 

トリニティーラインの成分は安全なの?

トリニティーラインの成分は安全なのでしょうか?

トリニティーラインは次の理由から肌にやさしい成分構成ということができます。

理由①無香料、無着色

まずは、無香料、無着色を徹底しているということが挙げられます。

香料や着色料が苦手な人も多いと思いますが、その点トリニティーラインは安心です。

理由②ノンアルコール、パラベンフリー

化粧品には刺激の強いアルコールやパラベンが使われることも多いですが、トリニティーラインはバッチリどちらもフリーです。

アルコールで肌がかぶれてしまうという人も使うことが可能です。

理由③界面活性剤の刺激性も低い

トリニティーラインには界面活性剤が3種類配合されています。

  • 水添レシチン
  • PEG-60水添ヒマシ油
  • セスキイソステアリン酸ソルビタン

しかし、この3種類ともに低刺激のものが採用されています。

この点、トリニティーラインは優秀であると言えます。

理由④アレルギーテスト、パッチテスト済み

また、アレルギーテストとパッチテストも行なっているため、多くの人が問題なく使える状態になっています。

乾燥性敏感肌の人もアレルギーテスト、パッチテストを受けているという点もポイントです。

トリニティーラインの成分に副作用はある?注意点あり

トリニティーラインは医薬品ではないので、副作用の可能性は極めて低いです。

しかし、注意点があります。

 

その注意点とは、アレルギーがないか確認するということです。

 

アレルギーを持っていない人は特に心配ありませんが、アレルギー持ちの人は全成分を確認し、アレルゲンがないかというのを念のため確認するようにしましょう。

また、全ての人の肌に合うとは言い切れませんので、まずはお試しキャンペーンを使って肌に合うか確かめてみるのが一番良いのではないでしょうか。

口コミを詳しく知りたい人は次の記事をご覧ください。
→トリニティーラインの全口コミ徹底解明【おすすめできない人とは?】