トリニティーラインの使い方完全ガイド【※重要ポイントはココ】

セラミドの力で高保湿を実現している、トリニティーラインジェルクリームプレミアム。

ここでは、トリニティーラインの正しい使い方と、重要なポイントについて詳しく解説していきます。

トリニティーラインの理想的な正しい使い方

トリニティーラインの正しい使い方は次の4ステップです。

使い方ステップ①洗顔をする

まずは洗顔をします。

肌にダメージを与えないように、優しく洗顔するのがポイントです。

トリニティーラインの使用前には清潔にしておく必要があるため、必ず洗顔を行いましょう。

使い方ステップ②手のひらに適量とり、5箇所にのせる

使い方ステップ②手のひらに適量とり、5箇所にのせる

トリニティーラインを手のひらに適量とります。

とったものを額・両頬・鼻・あごの5カ所に乗せます。

両頬には他の部分よりも少し多めにのせるように意識してください。

使い方ステップ③なじませる

使い方ステップ③なじませる

指の腹を使って下から上にゆっくりとなじませます。

また、中心から外へ向けてもやさしくなじませていきます。

使い方ステップ④両手で包みこむようにおさえる

使い方ステップ④両手で包みこむようにおさえる

10秒間を目安として、両手で包み込むように肌を抑えましょう。

これで、さらに浸透力が増します。

トリニティーラインの使い方の重要ポイント

トリニティーラインの使い方の重要ポイントを挙げます。

このポイントを押さえると、効果が全然違ってくるかもれませんよ。

使い方の重要ポイント①スパチュラで取る

トリニティーラインは付属のスパチュラで取るようにしましょう。

スパチュラで取らないと、本体の中に雑菌が入ってしまい、本来の効果を発揮できなくなってしまう可能性があります。

清潔感を意識して使うようにしましょう。

使い方の重要ポイント②10秒間優しく包み込む

なじませたら、10秒間優しく包み込むのが大きなポイントです。

肌と手のひらを密着させ、話すときはゆっくり手を離すようにしましょう。

使い方の重要ポイント②10秒間優しく包み込む

これをやることで、トリニティーラインの浸透力が全然違います。

使い方の重要ポイント③気になるところには重ねつけ

口元や目元は特に年齢を感じやすい場所です。

使い方の重要ポイント③気になるところには重ねつけ

そういった気になる部分については、重ねつけをするのがおすすめです。

使い方のポイントを意識すれば、より効果を実感できるようになるはずです。

 

口コミやおすすめできない人を知りたい場合は次の記事をご覧ください。
→トリニティーラインの全口コミ徹底解明【おすすめできない人とは?】